読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテないけれど、それでも生きる

人生モテた試しが無い。しかし、チヤホヤはされてみたいが為に画策するブログ。方向性はまだ定まっていない。

夜は自己嫌悪で忙しい

 

大学時代、友達と夜遊びといえば木屋町のクラブに繰り出す事だった。

 

大学で着ていったら、死ぬ程浮くであろう総レースのワンピースに、ヒール。

普段すっぴんなの?レベルの化粧なのに、がっつりとアイラインを引いて、濃いめのリップを塗る。

 

鴨川や高瀬川の流れ、先斗町といった

The日本の風景からそう遠くないのに、IDを見せて地下に潜ったら、薄暗い空間に爆音で音楽が流れている。

このギャップと非日常的な光景が、病みつきだった。

特にダンスも習った事も無いので、踊るっていうか揺れているだけなのだが、とても心地よい。普段は地味な学生生活を送っている。キラキラ女子なんかとは懸け離れた喪女だ。なのに夜にはクラブに来て遊んでいる。誰に言う訳でもないけど、私にはこんなギャップがあるんだぞって、ホントはイケてるんだぞって、勘違いをしていた。

 

北海道に帰ってきても、

あの病みつきがリフレインしていた。

でも一緒に行く友達がいない。

 

だから一人で行った。

 

これが、大失敗の元となる。

週末の夜なのだから、大勢のパリピ達が集まって居るんだろうと思っていた。夜中12時。

 

がらっがら。

 

仕方ねぇな、と思ってテキーラベースのカクテル飲んで椅子に座ってた。

はいはい、ナンパ待ちですよ。っての丸出し。

ほんでナンパされるわけ。旅行で来てた大学生の子だった。

 

カウンターに移動して、飲んだ。

彼の就職先のことやら、昔の彼女の話しを聞いた。詳細は覚えていないし、ましてや自分が何を喋ったのかなんて、ちんぷんかんぷんだ。

 

で、クラブ出て近くの居酒屋で飲み直した。

もう何にも覚えていない。何時だったのかも分からない。

気付いたら、ホテルに居て、ヤッてた。

いわゆるワンナイトというやつだ。

お久しぶりのご開帳だったから、入らなくて痛かったのだけ覚えている。処女に戻ったんかレベルだった。

 

明け方、「帰るからね」と言われてキスされたのだけ覚えてる。

11時に起きてみて、やった事のアホさと虚しさに首を絞められた。

と、同時に私はサマンサでは無かったんだと思った。

サマンサはセックスアンドザシティに出てくるキャラクターで、愛というものを信じない。セックスをスポーツのように捉え、いい男を見つけると次々とハントしていく。

 

去年も、こういった行きずりで間違いを起こした。しかもこの時も泥酔してた。

お酒は判断力を鈍らせる。

自分はお酒に強いと、驕りの気持ちがあった。

だからバンバン飲んでいた。完璧に酔っ払っていた。そして着いていった。後に残ったものは果てしない虚無感だけだった。

 

彼氏がいた事が無いのに、こう言う事だけを繰り返していくから、好きな人とヤる感覚が分からない。完全に拗らせている。

 

ワンナイトして、もしもなにも感じていなかったら、次も知らない誰かとヤると思う。

けど、実際は後悔や虚無の念が残っているのだから、この経験を戒めとして、次は好きな人と。と心に決める事ができた。

 

スポーツのようにセックスしてる人を批判する訳でも何でもないけれど、私にはこの考えが合わなかった。自己嫌悪しか残らなかった。

数をこなせば、麻痺しそうだけれども、そこまでしてセックスが好きな訳でもないし、リスクが高すぎる。

 

はぁ、がんばろ。