読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテないけれど、それでも生きる

人生モテた試しが無い。しかし、チヤホヤはされてみたいが為に画策するブログ。方向性はまだ定まっていない。

神木くんに会ってきた。

日常

 

2週間程前に、友達から

神木隆之介くんに会いに行かないか?」と打診を受けた。

 

別に大ファンという訳でも無いけれど、同い年なため勝手に親近感を覚えていて、子役の頃から陰ながら応援していた。

 

会いに行かないか?の詳細が全く分からなかったけれど、とりあえずその場でOKした。

ノリの良さとフットワークの軽さは大切にしたいからだ。

 

写真集の発売イベントとして、手渡しで配ってくれるイベントなのだという事を後から知った。

 

当日(今日なんだけれども)、ステラプレイスで昼食を済ませ、いざHMVへ出陣。

 

既に大勢のファンで店内は埋め尽くされていた。

イベントスタッフが整理券の番号順に誘導・整列をテキパキしていた。

 

ファン層は10代20代の女の子。

私のように友達連れで来ていたのが圧倒的、中には親子でという方々もおり、神木くんはどの年代層にも愛されているのが分かった。

なんだろ、ナチュラルメイク系の子が多かった。素朴な感じ。たぶん服はearth music&ecologyとかその辺のブランドを好んで着てそう。みんな良い子そう。

決してめっちゃギャル!だったりおっさんはお見受け出来なかった。

 

ほんで列はどんどん進み、いよいよ神木くんがいると思われるパーテーションに近づく。

友だちは手汗べっしょりだった。神木くんは友だちのタイプを忠実に具現化しているらしい。

そりゃ緊張するわな。

 

そして遂に神木くんに会えるまで後2人くらい!

な所でパーテーションの中に入り、神木くんの存在を確認できた。印象としては、

 

 

神木くんって実在の人物だったんか...

 

 

死ぬほどアホらしい感想だけど、思ってしまったからには致し方無い。

 

今までは伝源頼朝像のような、

伝聞の世界レベルの存在だったかんね。

え?この人が神木くん?こんな人この世界にいるわけなくない?と心のどこかで思っていた。

でもいた。実在した。

 

f:id:mojothebest:20170129192327j:image

 伝源頼朝

 

 

で、私のターン。

なんだか、もう神々しかった。後光さしてた。薬師如来か何かだよ彼は。

 

ほんで結構しっかりめに時間取ってくれてたのよね。一人5秒くらい。

とりあえず写真集受け取って、ありがとうございます。って言うわな。

 

 

っべ...。何話そうか考えてなかった..。

 

そう、私は準備を全くしていなかったのだ。

本田圭佑然り、プロアスリートやビジネスマンの皆様って口を揃えて「準備が一番大事」って言うじゃない。

 

失格だ。

 

「お会いしたかったです〜」と言った。

「ありがとうございます」と言ってくれた気がする。

 

神木くんは白くて、思ったよりも身長が高かった。美しかった。

 

夢のようだった。

というか夢なんじゃねえかと思う。

しばらく語彙力が奪われた。

素晴らしい非日常だった、、、。 

 

f:id:mojothebest:20170129193603j:image