読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテないけれど、それでも生きる

人生モテた試しが無い。しかし、チヤホヤはされてみたいが為に画策するブログ。方向性はまだ定まっていない。

私が人に尽くす人間だとでも思ってんの?

雑記

 

会社の飲み会で、隣の席の上司にお酌をしまくっていたら、

 

「意外と世話好きなんだねー。尽くすタイプでしょ?」と聞かれた。

 

私は全くもって人に尽くすタイプではない。

こまめにお酌をしていたのは、ホステス時代の名残であろう。

 

私には父と弟がいる。

この2人が私の人生の中で最も長く、そして濃く時間を共有している異性だ。

 

父はアメリカのホイップクリームか?と疑わざるを得ない程、娘の私にゲロ甘だし

弟は手下として見なしていた。

 

2人は私の言う事を聞いてくれる存在なのだ。

 

もちろん、常にゲロ甘でなく、それと同じくらい厳しく教育された事もあったし、

手下が謀反を起こして大ゲンカした事もしょっちゅうだ。

 

でも基本的にはお願いを聞いてくれて、

私の中の心理では、どこかで

男性=言う事を聞いてくれる人=尽くしてくれる人

の図式が成立しているように思われる。

 

だから、彼氏に求める事も旦那に求める事も「言う事を聞いてくれる」事なのだ。

ワガママ聞いてくれるというか、私の意見を通してくれる感じ?ヘゲモニー政党体制的な?

 

だから、亭主関白は無理だ。

関白宣言を出された途端、私は荷物をまとめて出て行くと思う。

まぁ、旦那見つけてからせいって話ですけどね。