読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテないけれど、それでも生きる

人生モテた試しが無い。しかし、チヤホヤはされてみたいが為に画策するブログ。方向性はまだ定まっていない。

セクシーお姉さん

 

遂に明日から仕事始めっす。

嫌だー労働嫌だー。

不労所得で暮らしてー。

 

どうも。こんばんは。

長きに渡った正月休みも本日にてTHE★END。

ババアもう社会復帰できねぇよぉ。社会のクズになりたいよぉ。

 

とも言ってられんので、休みの最後は温泉に行ってきた。

 温泉って行っても、秘湯とか山奥とか、そんな湯けむりモクモクな所じゃないっす。

近場に温泉が出ちゃう所があるんですね。スーパー銭湯のマジもんの温泉出るバージョン的な。

 

まぁまぁ、引っ越してきてから適度な頻度で行くわけだから、そりゃもう常連の風吹かせる訳よ。

受付して鍵もらって、ロッカーへ。

最初こそは気にしたけど、今ではもうリズムよく服を脱いで行く。もう恥じらいなんて無い。

 

んでもってパンツ脱いだわけね、

アメリカに居た時に買った、Victoria's secretのパンツなの。たぶん7枚$10位の。

 

ん?待てよ、と。なんだかおかしい。

私が1日中じっくりと穿いていたパンツがなんかおかしい。

 

フロント部分にね、開いてんの、穴が。

100円玉大の。あちら側まで見えちゃうんだよね。

意味がわかんない。

なぜ穿く時に気付かなかった?なぜトイレの時に気付かなかった?

 

もうね、こうやって時々、自分の行動の意味が分からなくなる時ある。ほんと、流石だわ〜って一周回って自分の事を褒めてあげたくなっちゃう。

 

でもね、めげずに生きるよ。まだ23歳だもの。

 

まぁ後はいつも通り、湯船に浸かるわけよ。

夕方だったので、ちびっ子もいたわけ。

いっつもちびっ子と目が合うと、笑ってみたり、変顔するんだけど、全くもって無表情なんだよね。子供に好かれてぇ〜。

 

私の入浴シーンの描写なんてしても、読者が離れていくだけだしね。由美かおるに後は任せることにして。

 

入浴し終わって、髪の毛乾かすかあと思って。

洗面台行ってさ、したっけさ、

私の隣の席のお姉さん(20代後半〜30代前半?)が、それはそれは綺麗。

 

スタイルもね、私と変わらん身長(167cm)位なんだけどね、モデルみたいにスラッとしてるわけ。華奢。細い。あれが私の目指すべき体型。

 

お姉さんはね、黒いキャミソール着て、クリームを全身に塗ったくってた。たぶんリンパマッサージも兼ねてた。デコルテぐりんぐりんして、老廃物流してたもん。私には分かる。

 

私はドライヤー掛けながら、隣のお姉さん綺麗だなぁと思う訳。剛毛だからなかっなか乾かないわけ。お姉さんマッサージを終えて、ドライヤー掛けようとしたのね。

んで、お姉さんの後ろに、櫛いっぱい入ってるボックスあったのさ。

お姉さんが立ち上がって、振り向いて、櫛取ろうとしたの。

 

 

お姉さん、Tバックだった。

 

 

初めてこんな田舎のスーパー銭湯Tバック穿いてる人見たよ。1.5秒くらい見ちゃった。

なんならお尻も良い形してた。

 

方や私は100円ハゲのパンツを平気で一日中穿き、お姉さんは黒のTバックを穿きこなす。フロント部分もとってもハイレグだった。

 

 

この差なんだ。決定的な差って、こうゆうものなんだ。

 

これを学んだ1日でした。

 

実は面倒くさいから温泉行こうか迷っていたんだけど、行って良かった。

人生に無駄なものって、何一つ無いんだねぇ。