読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテないけれど、それでも生きる

人生モテた試しが無い。しかし、チヤホヤはされてみたいが為に画策するブログ。方向性はまだ定まっていない。

23年間知らねかった

 

どうも。こんばんは。

 

この間、聖夜をニューハーフクラブに捧げた記事をあげましたが、

その前にコルギに行って同時に石膏パックもしてもらっていました。

 

前からね、自分の顎が左にひん曲がってたのが気になっていたの。笑った時に顎の先端が多少左に来るわけよ。

性格が歪んでるからって、顔まで歪むことないじゃない。

 

ほんで、香港行けなくなったしーということで、意を決して行ったの。コルギ。

 

可愛いふんわり癒し系のお姉様に、ゴリッゴリに施術して頂きました。あのふんわりのどこにパワーが隠れていたんだべか。女子というものは、やはり一つや二つギャップを持っていた方が魅力的ですね。

 

痛気持ちい快楽の中、気づいたら爆睡キメこんでいて、気づいたら石膏パックフェーズに移行しておりました。

 

この石膏パックが秀逸でね。顎のひん曲がりとかどうでも良くなった。

 

順序は美容液たっぷりのコットン、その上にガーゼを顔に当てられ、最後は石膏でフィニッシュ。

最初は石膏ってひんやりしていて、ドロドロしているんだけど、固まる時に発熱して最高42℃ほどになるらしい。

んで、熱で毛穴を開けてそこに美容液を染み込ませていく...。なんとも、美を追求するためには手間ひま掛けなければならないのね。

 

15-20分?ほどのパックタイムを終え、ご開帳!!え!!ブルンブルン。わしの肌ブルンブルン!!!こんなブルンブルン肌、わし史上初!

今までの肌触りがスコーンだとしたら、プッチンプリン位にはなっていた。荒れ地が極楽浄土のオアシスへと大変身だ。

 

お姉様からも、「肌がとても乾燥していらしたので、美容液がグングン入っていきましたよ」とのコメント。

 

ほぉ、、私の肌って乾燥していたんだ。

物心ついた時から、スコーンだったから、スコーン状態が普通だと思ってたんだよ。

 

しかし、違った。井の中の蛙、大海を知った。世界はこんなにも広かったんだ(希望)!!!

 

というわけで、次の日からいそいそと潤いを与える肌ケアを始めました。

 

 

 とりあえず、ドラッグストアで見つけたルルルン師匠に弟子入りを頼みました。OK出してくれました。当面の目標はルルルン師匠を毎日顔に貼っつける事です。

何事も続ける事が大事です。

 

使い切ったらまた感想をば書いてみます。