読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モテないけれど、それでも生きる

人生モテた試しが無い。しかし、チヤホヤはされてみたいが為に画策するブログ。方向性はまだ定まっていない。

押切姐さんって天才じゃない?

 

土日、暇すぎて御用達の市立図書館へ行って参った。

 

前からちょっと気になっていた

押切もえの『浅き夢見し』があったので借りてみた。

 

25歳の売れないモデルの瞳が、屈辱的な経験をした事により、モデルとして再起を図るストーリー。

 

ダイエットの描写がね、グサグサってきたよ。

物語の初め、主人公は自分にかまけてぽっちゃりなわけ。172cm66kg。

んで、ダイエットを決意して、口にするものに気を遣い、運動もするようになるのよね。

ほんで、物語の中盤にはモデル体型を手に入れるわけなんだけど、その頃にはダイエットの意識が習慣化されているのよね。

 

最初はキツイし辛いけれど、慣れればなんてことない。ダイエットのミソって慣れるフェーズまで耐えられるかどうかなんよね。

この大切さを押切姐さんは私に問いかけてくれたわけ。ありがとう、押切姐さん。

 

 

あと、物語序盤のオーディションのシーン。

他の子達が可愛くて若くて細くて。

自分に全く自信がなくて、自分の力を発揮できない。

だから審査員の反応もイマイチ良くない。

自分はダメだ、自分はダメだって自己嫌悪に陥る悪循環。

私の就活の時に似ていて、なんとも胸が詰まってしまった。

なんかねー、スピリチュアルなものは信じない主義だけれどもねー、

やはりその人のオーラってものはあるんだよね。

自信があれば、覇気があるように見えるし。

逆に自信が無ければ、ど根暗オーラが漂っているし。

はぁ、自信の出し方教えてよ美輪さん。

 

 

 

まぁ、この作品は厳しいモデル業界を生き抜いてきた押切姐さんだからこそ、とても説得力があったし、モデルでもなんでも、自分の夢を叶えたかったら、気を強く持たないといけないんだな。と。

 

いや、押切姐さん、美しくて文章も書けて絵も描けて。旦那は涌井だし。

多才すぎるお、、、わしにもなんか一個わけてお、、、

 

わし、婚活パーティーに行く

 

 

婚活パーティーなりけるものに初めて婚活行った。

 

1週間前に先輩方と飲んでて、ノリと勢いで参加を決断した。酔っ払いって怖い...

 

車に乗せて行って頂いたんだけど

もう道路がツルンツルンで渋滞しててね、

開催時刻に間に合わなくね?ってなってね。

10分遅刻したら定価の2,000円取られるんだよね。因みに時間前に行けば500円。(笑)

道半ばで諦めかけたんだけどね、てか一時はパーティーのキャンセルも検討したんよね。

2000円払う価値があるのか?と。

 

でもなんとか奇跡的に着けちゃったの。時間内に。

 

ほんで会場着くとね、

本日男性のお客様の相次ぐキャンセルにより、男性10名、女子15名になっております。と。

 

バランスが完全に崩れてやがる。

 

気分はただ下がる。

ほいで、4人で連れだった訳だけれど、

わいだけ何故か席を隔離される事となった。

 

受付を済ませ、いざ会場へ行かん!!!

 

 

会場はホテルの地下室のいっちゃん狭い宴会場だった。窓も何もなく、ちょっとした収容所かな?っという趣。

パイプ椅子が向かい合わせになって並べられているのね。

 

 

ちゃちぃ。ちゃちすぎるぜ...。

 

そして、メンズは、どれどれ、、?

 

 

....;^_^A

 

 

 

いや、喪女の私が言うのもあれだけど。

あれだけど、さ。

 

イケメンは居なかった。

中学生かな?と思う服装の人がほぼほぼだった。

なんかね、ダボダボのチノパン率が異常に高い。おめぇら口裏合わせ合わせたのか?って

 

出会いの場だよ?戦場だよ?

もっと頑張ろうよ...

 

 

ほんで、着席してパーチーがスタート。

まずは向かい合わせの席の人とプロフィールシートを元にしてトーク

3分ほどで、男性が移動し、次の人とまたトークをする。

 

こ、これが噂の回転寿司方式かぁ...

 

としみじみ感動しつつトーク

 

まぁね、3分×10で喋るからとにかく口がパッサパサ。水くらい配れよって。

しかも、大体話す事は出身地とか趣味とかなんで、同じトークになりやすくなる。

 

ほんで、男性のプロフィールシートには年収書く欄とかあって、、婚活て残酷だな、と。

あと、男女両方なんだけど、タバコ吸う吸わない、お酒飲む飲まないの項目もあって。病院のカルテかよ。

 

ほんで回転寿司が終わって、中間審査として、気になった人を6人くらい書いてスタッフに渡す。

5分ほどで集計して、あなたが選んだ人はあなたを選んでいるのかとか、他の参加者から自分への使命状況も書かれた紙が配られる。

 

ほんで次はフリータイム。

 

軽食を摘みながら、意中のお相手とトーク

 

出てきた料理がまぁちゃっちぃ。

カピカピに乾いたお寿司やら、カピカピのサンドイッチやら、、、

 

後で知ったんですが、これで男性は4000円ほど払ってるらしいんっすよ。ええ。

ぼったくりレベルだった、、。かわいそうだなメンズたちよ、、、。

 

もうね、500円の元取らんとと思ってね。

寿司とか食べまくってやりましたよ。ビールも飲みまくったよ。

そしたらね、話しかけられたわけ。36歳おじさまメンズに。

この人ね、良いなぁと思ってて第一希望にしてたら、あっちも私のこと第一希望にしてくれてて。

カップリング成立してるわけ。

とりあえず喋ったよね。

 

 

そんで、フリータイム終了。

最終審査の紙を書いてスタッフに渡すの。 

自分のお気に入りを今度は第一希望から第三希望まで書く。

スタッフが集計し終わり、会は終了。

 

会場を抜けたところで封筒が配られる。

カップリング成立してたら、成立通知みたいなんと、その人のメアド書いた紙が入ってんの。

 

 

入ってた、、、最終審査でも俺らは相思相愛だったんだ、、、!!

その人のLINEIDもその封筒に入ってたんだけど、玄関口で呼び止められ、その場でLINE交換した。

 

 

その後は先輩方と反省会という事で、居酒屋に行き腹一杯に食った。

 

 

ほんでな、一晩経って朝を迎えるわけですよ。

36歳おじさまメンズからLINE来てるわけよ。

今度飲みに行かないかと。

 

 

 

超絶めんどくさくなった。

 

いや、おめぇどのツラ下げて言ってんだよって感じだけど、

 

 

超絶めんどくせぇ

 

 

顔とかね、おぼろげにしか覚えてないの。

記憶悪すぎて。たぶん次会った時とか忘れ去ってて待ち合わせできねぇやつ。

たしか作家の佐藤優さんに似てた気がする。

 

f:id:mojothebest:20170218234602j:image

 

 

私の婚活の道のりは果てしなく遠いと感じた1日だった。

 

女子力上げようとしたら歯髄炎になった

 

以前、私はコルギに行き、

自分の顎がひん曲がっていること、肌が絶望的に乾燥している事を確認した。

 

それからというもの、

毎日のようにルルルンマスクで

北国の冷たい刺激をバッシバシに受けたお肌に優しく湿り気を与え続けた。

 

まず、ビックリするくらい化粧ノリが良くなった。

 

前は鼻の毛穴にファンデが溜まりに溜まって

一つ一つの毛穴がちょっとした沼みたいになってたのよね。

それが完全とまでは行かんけど、回復した。

 

ほんで、顎がひん曲がってる件については、

もっと左顎でものを咀嚼しよう!

と、ほんわか系のお姉さんにアドバイスを頂いたので、意識的に左顎でも噛むようにしていた。

 

したらね、

日曜日くらいから、歯が痛くて。左側ね。

 

そん時はまだ京都にいたんだよね。

京都市バスに揺られてたわけ。

揺れに伴って歯も痛くなるわけ。

 

運転が荒、、、否、アグレッシブな市バスは歯の痛みをも引き出せるのかと。のほほんと構えていた訳ですよ。

 

ほんで北海道に戻る訳。

鈍痛が続くわけ。

2日ぶりの北海道で、歯が寒さにやられてんのか?と。

その夜、床に着くわけ。

 

 

、、、痛え。

 

 

私の歯痛は京都市バスのせいでも、

極寒の北国の冷たい空気のせいでも無かった。

 

でもね、痛い歯は銀歯な訳なの。

去年直したばっかなの。

え、虫歯治りきらんまま銀歯被せたん?は?

みたいな。

 

んで歯医者行くよね。

予約取ってなくて緊急だったけど、

「痛すぎて夜も寝れないんです」て悲痛な叫びをしたら、

「分かりました、すぐ来てください!」とな。

頼りにナルゥ!て事でさっそく行ったわな。

相変わらず歯科助手さんとか受付の人ってなんであんな可愛いんだろね。顔採用じゃんね。

 

レントゲン撮影してね、

先生曰く、左側の歯に力が掛かっててね、

銀歯が神経の近くまで被さっててね、

歯に力が掛かることにより、神経が刺激されて炎症起こってるよって、歯髄炎だよって。

 

 

 

、、、は、はぁ。

 

 

なんでこんな事になるのだろう。

ひん曲がってる顎を治して、

女子として魅力的になろうと思った瞬間これだよ。

 

私ってこうゆう所ある。

思い半ばで、ぶった切られるんだよね。

大学生の時、汚いけど美味しい居酒屋が近所にあって。

日頃からずっと行きたい行きたいと願ってたのに、親父さんがもう疲れた!っつって店畳んでたりとかね。

 

行きたい行きたい言ってた香港が、大雪で幻になるとかね。

あるあるすぎて困っちゃう。

 

強く生きよう。

歯が痛くとも、私はひん曲がった顎を治すんだ。

 

 

おセンチセンチ

 

週末は青春の地、京都へ行って参った。

 

1年前まで大学生で、京都に暮らしておりました。

狭い路地を通ってバイト先に行った。

大文字山を見ながら学校に行った。

木屋町のクラブに行った後に鴨川でお酒飲みながら将来の夢や自分の恋愛を語った。

祇園でホステスなんかもやってみた。

 

西院のコンビニでバイトもした。

リムジンパーティーで、京都駅にリムジン付けた時はめっちゃ注目された。

貴船から鞍馬をハイキングした。

冬の極寒の中、友達とチャリこいで嵐山のライトアップを見に行った。

夜じゅう歩いて嵐山まで行った事もあったかな

 

河原町でデートもした。

烏丸御池辺りから時代祭を見た。

伏見稲荷大社に行く時は、いつも稲荷山の頂上まで行った。

二条のBiviで一人でレイトショー観るのが好きだった。

3回生だったのに、京大の新歓に紛れこんだ

伏見で日本酒の飲み比べもした

美術館が好きになったのも京都のお陰だ。

テスト前なのに祇園祭に行って、友達が白い服着てんのに卵せんべいの黄身が服に着いた。

ゼミの後は毎週飲み会だった。

 

空きコマで、大学のラウンジで友達とグダグダ喋るのが好きだった

大学の外でご飯を食べるのが好きだった

三条大橋から鴨川と等間隔カップルを眺めるのが好きだった

 

下鴨神社で恋みくじをよく引いた(一度も大吉を出した試しはない)

青蓮院で次はいつ見れるか分からない青不動明王を見た

建仁寺で座禅もした

桜の季節、朝6時に清水寺に行ったら流石に誰も居なくて世界遺産を独り占めした気分になった。

南座の、歌舞伎の幕間で食べるお弁当を選んでいたら開演時間がとっくに過ぎていた。

 

今でも、明日起きたら2012年4月1日に戻ってないかな。と思う。

 

 

 

f:id:mojothebest:20170207215627j:image

ダイエット2ヶ月目報告

 

 

どもども。

 

元日に「不二子ちゃんになる!」という目標をたてますた。

 

とりあえず、1ヶ月間腰を回し続けてみました。

 

f:id:mojothebest:20170201191607j:image

 

 体重変わってないやん...(笑)

 

しかし、ウエストはやはり腰を回し続けているだけあり、−3cmを達成。

あと8.5cm!!

 

2ヶ月目は

足ぱかチャレンジ

二の腕バイバイ

 

で上も下も搾り上げるぜ!

 

ちなみに足ぱかチャレンジとは、

仰向けになって、足を上げ、思いっきり股を開いたり閉じたりするの。

 

f:id:mojothebest:20170201192252j:image

 

こんな感じで、30日間、股を閉じたり開いたりするんですよね。

 

二の腕バイバイはこの動画を見てくれ。

二の腕エクササイズ、背中でバイバイ! - YouTube

 

 

 

でもね、なんであんま痩せないのか薄々気づいてるんだよね。

 

ふっつーに爆食してまうんですよね。

この間、KFCのセット1人で食ったんよね

チキン×3 ナゲット×5 ビスケット ポテト

 

昨日は豚汁米食べたあとにホットケーキ1枚ペロリッたからね。

 

しかも、1番エネルギーの要らん夜に食べるからバツが悪い。

 

 

なるぞー不二子ちゃんにーーー、!!うぇいっ!!、

 

神木くんに会ってきた。

 

2週間程前に、友達から

神木隆之介くんに会いに行かないか?」と打診を受けた。

 

別に大ファンという訳でも無いけれど、同い年なため勝手に親近感を覚えていて、子役の頃から陰ながら応援していた。

 

会いに行かないか?の詳細が全く分からなかったけれど、とりあえずその場でOKした。

ノリの良さとフットワークの軽さは大切にしたいからだ。

 

写真集の発売イベントとして、手渡しで配ってくれるイベントなのだという事を後から知った。

 

当日(今日なんだけれども)、ステラプレイスで昼食を済ませ、いざHMVへ出陣。

 

既に大勢のファンで店内は埋め尽くされていた。

イベントスタッフが整理券の番号順に誘導・整列をテキパキしていた。

 

ファン層は10代20代の女の子。

私のように友達連れで来ていたのが圧倒的、中には親子でという方々もおり、神木くんはどの年代層にも愛されているのが分かった。

なんだろ、ナチュラルメイク系の子が多かった。素朴な感じ。たぶん服はearth music&ecologyとかその辺のブランドを好んで着てそう。みんな良い子そう。

決してめっちゃギャル!だったりおっさんはお見受け出来なかった。

 

ほんで列はどんどん進み、いよいよ神木くんがいると思われるパーテーションに近づく。

友だちは手汗べっしょりだった。神木くんは友だちのタイプを忠実に具現化しているらしい。

そりゃ緊張するわな。

 

そして遂に神木くんに会えるまで後2人くらい!

な所でパーテーションの中に入り、神木くんの存在を確認できた。印象としては、

 

 

神木くんって実在の人物だったんか...

 

 

死ぬほどアホらしい感想だけど、思ってしまったからには致し方無い。

 

今までは伝源頼朝像のような、

伝聞の世界レベルの存在だったかんね。

え?この人が神木くん?こんな人この世界にいるわけなくない?と心のどこかで思っていた。

でもいた。実在した。

 

f:id:mojothebest:20170129192327j:image

 伝源頼朝

 

 

で、私のターン。

なんだか、もう神々しかった。後光さしてた。薬師如来か何かだよ彼は。

 

ほんで結構しっかりめに時間取ってくれてたのよね。一人5秒くらい。

とりあえず写真集受け取って、ありがとうございます。って言うわな。

 

 

っべ...。何話そうか考えてなかった..。

 

そう、私は準備を全くしていなかったのだ。

本田圭佑然り、プロアスリートやビジネスマンの皆様って口を揃えて「準備が一番大事」って言うじゃない。

 

失格だ。

 

「お会いしたかったです〜」と言った。

「ありがとうございます」と言ってくれた気がする。

 

神木くんは白くて、思ったよりも身長が高かった。美しかった。

 

夢のようだった。

というか夢なんじゃねえかと思う。

しばらく語彙力が奪われた。

素晴らしい非日常だった、、、。 

 

f:id:mojothebest:20170129193603j:image

 

 

 

ドン詰まり

※死ぬほど汚い話なので、お食事中の方など読まないほうが良いです。

 

 

Xデーは突如やって来る。

 

 

朝起きて、腹が痛いなぁと思ってお手洗いへ。

ここ最近、便秘で硬めな"君"しか出てこない。

この日も、大きく息を吸い込み息を吐き出すとともに下腹部に力を加える。

何日も溜め込まれた君は見事だった。

 

君を出し切った所で、何時ものように流す。

 

私はいつも、全てが流れきるまで見届けてからお手洗いを後にするようにしている。

それが、出し切った者としての責任だと思っているから。

 

しかし、今回は何かが違った。

そう、君が流れてくれないのだ。

 

ついにこの日が来てしまったか。と思った。

 

今のアパートのトイレは、実家、学生時代に住んでいたアパートに比べ、トイレが小さく水圧も頼りないものだった。

私は割とドッシリとした君を度々出してしまうため、前から薄々いつかこんな事になるだろうな。とは思っていた。

思っては居たけれど、特段方策を打ってこなかった。リスク管理が甘かった。

何かあってからでは遅いのだ。

 

 

何回か流すと、君の姿は見えなくなった。

ほっとしたのも束の間、次に水を流すと、便器から溢れ出そうなほど水がこちらに迫ってきた。

暫くすると、通常の水位に戻るのだが、この状態は明らかにおかしい。

 

 

詰まってやがる。

 

 

トイレの排水管はS字の形らしいのだが、

明らかにカーブ部分で君が流れを塞き止めているのが想像できた。

 

 

なんとか平穏なトイレライフを再開させたい。

その一心で、グーグル先生に解決策を伺った。

 

グーグル先生曰く、バケツに水を汲んで便器に流せば良い。と。

高めの位置から水を流すことで生まれた水流により、君が流れてくれるそうな。

 

早速試した。

バケツはないため、風呂の洗面器を代わりにした。

 

全く意味は無かった。

ふっつーにレバー引くのと変わらん。

暫くすると、また元の水位に戻った。たぶん5分は掛かった。

それだけ私の君はしぶといという事らしい。

この世にまだ何か未練があるのだとしか思えない。

 

 

グーグル先生曰く、これでダメだったらラバーカップを買え。との事。

 

 

ラバーカップだけは絶対に嫌だった。

こんな物にお金を使いたくないし、うら若き乙女のトイレにラバーカップなんて。

将来彼氏が出来たら絶対に引かれる。

それだけは乙女のプライドが許さなかった。

 

だが、現実は乙女の細やかな願いを聞き入れてくれるほど甘くはない。

何度も何度も洗面器に水を入れては便器に流すけれど、ウンともスンとも言わない。ウ●コだけに。

 

もう私は疲れた。

ほぼ一日中トイレに出ずっぱりだった。

もう買おう。

私は白旗を揚げた。

そしてホームセンターに赴き、ラバーカップを購入した。

300円程で買えると思ったけど、1000円もした。貧乏OLにはこんな事でお金を使うハメになるのは辛い。

 

家に帰り、早速新兵器を手に入れた私と君との戦いが始まる。

レバーを引き、水位を上昇させ、便器を水で満たす。

すかさずカップを垂直に突っ込み、空気の出し入れを行う。

先ほどの洗面器より、水位が戻るのが早く感じられた。

だが、まだまだ。

第1Rはお互い牽制し合ったままで終わった。

 

 

勝負が動いたのは第2R。

先のように、便器を水で満たし勢い良くカップを突っ込む。モリ突き漁師にでもなったかのような気分だ。

なんと、今度は一気に水が流れていった。

 

君が成仏した瞬間だった。

 

安堵した。

これで私のお手洗いに平和が再び戻ってきた。

 

ハリーポッターで言うなら、ヴォルデモートととの戦いに勝った位の達成感だ。

ロンとハーマイオニーがこちらに近づいてきて、私の肩を抱いて労いの言葉を掛けてくれるのだ。例のあの人はもう居なくなったのだ。と。

 

そう考えたらラバーカップはニワトコの杖だったのかな?とさえも思う。

 

とりあえず、トイレの詰まりラバーカップは最強。これでまたヴォルデモート級の君が来ても安心だ。